森博嗣のおすすめ作品ランキング

森博嗣 自己中心的 おすすめ ランキング

独断で決めたランキング。強引にランクをつけるとこうなりました。おそらく読む順番にかなり影響されているようですが、気にしません。随時更新中。

ランキング

おすすめ順
1 恋恋蓮歩の演習 キャラクターの活き活きした個性
2 封印再度 タイトルも内容も抜群
3 スカイ・クロラ 鋭さを増す詩的な表現
4 すべてがFになる いろいろと詰め込まれている
5 笑わない数学者 この小難しさがよい
6 地球儀のスライス かなり濃密な短編集だ
7 相田家のグッドバイ 私小説と思えるほどリアルだ
8 フォグ・ハイダ 剣豪たちのすさまじい緊迫感
9 青白く輝く月を見たか? 人工知能に人間は勝てないのか?
10 魔剣天翔 ダイイングメッセージはちょっとやりすぎか
11 マインド・クァンチャ 一瞬の緊張感
12 四季 夏 思春期の四季がよい
13 黒猫の三角 最後にかなりビックリさせられた
14 λに歯がない 皮肉なことにGシリーズらしくないのが良い
15 夢・出逢い・魔性 こぎみよいテンポ
16 ナ・バ・テア スカイ・クロラほど切れ味がない
17 今はもうない まんまと騙された
18 カクレカラクリ へたなミステリーより魅力的だ
19 ブラッド・スクーパ 余計な誇張のないシンプルな剣の戦い
20 私たちは生きているのか 脳に栄養が送り込まれ仮想世界で永遠にプログラミングする
21 喜嶋先生の静かな世界 一般人には理解できない世界
22 Θは遊んでくれたよ 相変わらず引っ張るのがうまい
23 魔法の色は知っているか? 技術の進歩がヒトを滅ぼす?
24 デボラ、眠っているのか? 自ら進化するソフトウェア
25 幻惑の死と使途 マジックのタネがトリックのタネか・・
26 女王の百年密室 何かがフラッシュバックする
27 迷宮百年の睡魔 前作を読まないとやばい
28 四季 春 これが天才だ
29 ダウン・ツ・ヘヴン 必要かどうか微妙だ
30 四季 冬 全てがまるくおさまった?
31 ZOKU 軽いタッチが読みやすい
32 ヴォイド・シェイパ 冷たく凍えそうな剣の戦い
33 それでもデミアンは一人なのか? ウォーカロンの中に人間の脳がある
34 彼女は一人で歩くのか? ウォーカロンは人間の養殖版だ
35 人間のように泣いたのか 人間はAIの言う通りにするしかないのか?
36 詩的私的ジャック また密室かーっと思う。
37 赤緑黒白 シリーズの総決算のはずが・・・
38 数奇にして模型 犯人がちょっと安易な気が・・・
39 月は幽咽のデバイス 大げさなトリックはちょっと
40 フラッタ・リンツ・ライフ 外伝的作品なのだろう
41 四季 秋 シリーズ読破済みが必須
42 夏のレプリカ 同時進行を意識すれば
43 クレィドゥ・ザ・スカイ シリーズの終りとしては寂しい
44 血か、死か、無か? 人工知能にとっては人間はリスクでしかない
45 ジグβは神ですか 神的存在の天才
46 六人の超音波科学者 没個性
47 有限と微小のパン 禁じてを使ってはいるが
48 Φは壊れたね この後の展開しだいだ
49 まどろみ消去 すっきりとした短編
50 今夜はパラシュート博物館へ 同窓会的なサービス多数
51 朽ちる散る落ちる スケールはでかいのだが・・・
52 風は青海を渡るのか? ウォーカロンがウォーカロンを産む世界
53 キラレ×キラレ シンプルで良いのだが…
54 探偵伯爵と僕 意外な結末といえばそうだが…
55 スカル・ブレーカ 戦わなければ、負けない
56 人形式モナリザ 最後は確かにビックリする
57 冷たい密室と博士たち 大学時代はこうだったのかなぁ
58 虚空の逆マトリックス 短編はどうしても印象薄だ
59 χの悲劇 懐かしの島田文子が驚きの結末を迎える
60 ゾラ・一撃・さようなら ありきたりと言えばそうだ
61 ペガサスの解は虚栄か? 自分の遺伝子を引き継いでいない子ども
62 目薬αで殺菌します もはや定番となった終りのなさ
63 捩れ屋敷の利鈍 シリーズを意識しすぎ
64 孤独の価値 孤独への向き合い方を指南
65 タカイ×タカイ トリックが正直すぎる
66 εに誓って もういい加減何か黒幕を見せてもいいのでは?
67 ηなのに夢のよう シリーズを読み続ける強み
68 天空の矢はどこへ? AIには人間は勝てない?
69 神様が殺してくれる 神が引き起こした殺人事件?
70 正直に語る100の講義 トランスフォーマーは無駄な部品が多い?
71 どきどきフェノメノン 理系の恋愛はこうなのだろうか…
72 レタス・フライ シリーズを読んでいないとまったく理解不能か?
73 もえない もはやミステリーではない…?
74 暗闇・キッス・それだけで ビル・ゲイツをイメージしたキャラ?
75 ダマシ×ダマシ シリーズの最終回の雰囲気はない
76 ψの悲劇 ウォーカロンシリーズとかぶる
77 キウイγは時計仕掛け 四季の雰囲気だけで保つシリーズ
78 ZOKUDAM 軽すぎて中身がない
79 銀河不動産の超越 この適当感はいつもの森作品だ
80 ZOKURANGER 大学の准教授たちの愚痴満載
81 少し変わった子あります 実は男が一番変わっている
82 赤目姫の潮解 この難解さについて来れるか?
83 サイタ×サイタ 答えをはっきりと名言しない
84 イナイXイナイ 平凡な作品でしかない
85 作家の収支 印税やその他の収支全般を暴露
86 読書の価値 小説家だが読書が苦手
87 イデアの影 世間ズレしたお嬢様が幻想の世界へ
88 工学部・水柿助教授の逡巡 自由すぎる売れっ子作家
89 ムカシ×ムカシ 朴念仁の男とあきれる女
90 夢の叶え方を知っていますか? 作者の性格と夢は特殊すぎる
91 堕ちていく僕たち 濃すぎるキャラクター達
92 工学部・水柿助教授の日常 マニアックなファンのみ受けそう
93 スカイ・イクリプス あまりに突っ走りすぎる
94 τになるまで待って ファン意外は読む価値なし!
95 奥様はネットワーカ 微妙な挿絵

おしらせ

感想は下記メールアドレスへ
(*を@に変換)
pakusaou*yahoo.co.jp