重松清のおすすめ作品ランキング

重松清 自己中心的 おすすめ ランキング

独断で決めたランキング。強引にランクをつけるとこうなりました。おそらく読む順番にかなり影響されているようですが、気にしません。随時更新中。

ランキング

おすすめ順
1 流星ワゴン ホロリとくる親子関係
2 その日のまえに 泣けすぎてやばい
3 いとしのヒナゴン 下 熱い男の魂を感じてしまう
4 エイジ 中学時代の価値観
5 日曜日の夕刊 知らず知らずのうちに感動
6 木曜日の子ども 無味無臭の毒薬で連続殺人事件を起こす
7 ビタミンF いろいろと考えさせられる
8 ナイフ すばらしいだけに重くのしかかる
9 カシオペアの丘で 上 衝撃的すぎる境遇だ
10 十字架 一生背負い続ける苦しみ
11 ニワトリは一度だけ飛べる リストラ部屋に送られた者たちの大逆転劇
12 赤ヘル1975 広島出身者必読!
13 半パン・デイズ ああ、少年時代を思い出す
14 青い鳥 すばらしい先生の物語
15 とんび 素直になれない親の気持ち
16 熱球 共通点の多さにびっくり
17 送り火 ホラーの中にメッセージあり
18 きよしこ 真っ白な清らかさ
19 世紀末の隣人 今読むと過去の事件だが
20 ファミレス ファミレスはファミリーレス?
21 どんまい 離婚したおばさんが草野球に挑戦
22 卒業ホームラン 名作のみをピックアップ
23 いとしのヒナゴン 上 田舎町の問題点を赤裸々に語る
24 まゆみのマーチ 自薦だけにすばらしいものばかり
25 カシオペアの丘で 下 余命わずかとなり、何をするのか
26 あの歌がきこえる 故郷を思い出さずにいられない
27 見張り塔からずっと 恐ろしほどのリアル感
28 きみの友だち リアルだが爽やかな後味
29 きみ去りしのち 子どもを失った親の気持ち
30 ゼツメツ少年 ゼツメツする少年少女への悲しみ
31 泣きむし姫 単身赴任と待つ家族
32 希望ヶ丘の人びと 中途半端なエリート感
33 峠うどん物語 上 簡単には理解できない心境
34 かあちゃん 子どもから見たかあちゃん
35 ロング・ロング・アゴー 子どもだからこそ持つ感覚
36 季節風 夏 夏に寂しさを感じる物語
37 気をつけ、礼 教師だって完璧ではない
38 みぞれ 様々な年代を対象としている
39 峠うどん物語 下 まずいけどうまいうどんの謎
40 一人っ子同盟 昭和の一人っ子は辛い
41 季節風 秋 子を持つ親となればわかること
42 くちぶえ番長 子供向けと侮れない
43 口笛吹いて 将来のことを考えてしまう
44 定年ゴジラ そう遠いことではない
45 ビフォア・ラン リアルな雰囲気
46 ステップ 妻に先立たれた男と義理の両親の関係は?
47 小学五年生 否が応でも思い出す時期
48 あすなろ三三七拍子 応援団の無意味な熱さ
49 ブランケット・キャッツ 問題を猫ですべて解決?
50 リビング 家庭をもつということは…
51 季節風 春 新生活になじめない苦悩
52 かっぽん屋 前半と後半はまったく別物
53 鉄のライオン 知らないはずが、懐かしい
54 トワイライト 中年時代のさみしさ
55 カカシの夏休み 教師でなくてよかった
56 小さき者へ 解決策はない
57 ポニーテール 難しい年頃の姉妹
58 卒業 親の存在を考える
59 明日があるさ 過激な意見もちらほら
60 たんぽぽ団地 ノスタルジックな気分になるファンタジー
61 また次の春へ 震災後、人びとはどうなったのか
62 希望の地図 「絶望」の中に「希望」を見つける方法
63 娘に語るお父さんの歴史 どの時代の子供が一番幸せなのか?
64 星に願いを-さつき断景 あの時代を思い出す…
65 うちのパパが言うことには 子を持つ親の気持ち…
66 青春夜明け前 思い出はだんだんとうすれていく
67 空より高く 熱血教師に感化される高校生
68 季節風 冬 冬に読むと暖かい気持ちになる
69 ニッポンの単身赴任 単身赴任に前向きになれる
70 ニッポンの課長 課長の魅力?
71 みんなのうた 田舎の親の面倒は誰がみる?
72 オヤジの細道 これぞTHE オヤジだ
73 哀愁的東京 無感動な都市、東京
74 幼な子われらに生まれ これは独身者には辛いか
75 星のかけら 間違いなく子どもは感化される
76 加油(ジャアヨウ)-五輪の街から- 作者は中国が嫌いなのだろう
77 みんなのなやみ 答えずらい悩みにはこう答えるべき
78 海の見えるホテル なぎさの媚薬1 官能小説の必要性は?
79 舞姫通信 自殺を美化しているようにも感じる
80 読むよむ書く 先輩作家の作品を批評するのは気を遣う
81 愛妻日記 ただの官能小説だけでしかない
82 四十回のまばたき 今までとはまったく違う
83 あのひとたちの背中 作者と同年代であれば楽しめるか?
84 疾走 上 幸せへの前ふりなのか?
85 疾走 下 螺旋のように続く苦悩

おしらせ

感想は下記メールアドレスへ
(*を@に変換)
pakusaou*yahoo.co.jp